医療法人 沖縄徳洲会 南部徳洲会病院

診療科案内

診療科紹介メニューarrow

診療科紹介

部門・センター紹介

緩和ケア

「緩和ケア」って何?

緩和ケアとは主にがん患者さんとその家族に対して、そのがんから派生してくる痛みやその他の不快な身体症状を緩和し、また精神的・社会的な援助を行い、患者さんが生きていることに意味を見いだせるようなケア(スピリチュアルケア)を行うことです。

1989年のWHOの定義では「治癒を目的にした治療に反応しなくなった患者に対する積極的で全人的なケアであり…」と言うようないわゆる「ホスピス」で行われる(終末期)医療と言うような位置付けでした。

しかし、2002年には、
『緩和ケアとは、生命を脅かす疾患による問題に直面している患者とその家族に対して、痛みやその他の身体的問題、心理社会的問題、スピリチュアルな問題を早期に発見し、和らげることで、クオリティー・オブ・ライフ(QOL:生活の質)を改善するアプローチである。』
と大きく定義が変わりました。

また国による2007年の「がん対策基本計画」の中でも、
『がん患者及びその家族が可能な限り、質の高い療養生活を送れる様にするため、治療の初期段階から緩和ケアの実施を推進していく。』
と謳われています。

がん治療を支える支持治療法とともに「早期からの緩和ケア」を実施していき、生活の質を改善することで、予後にも好影響が現れることも報告されています。

国民の2人に1人ががんに罹り、3人に1人ががんで亡くなる時代となっています。当院でもがんの患者さんは増えており、今後も増え続ける可能性があります。
そこで当院におきましても従来の支持療法に加え「早期からの緩和ケア」を提供すべく緩和ケア部門を開設いたしました。県内の緩和ケア病棟(ホスピス病棟)で7年間研鑽を積んできた医師を中心としたチーム医療で行っていきます。

がん患者さんであればどなたでも対象です。痛みや身体的なつらさだけでなく、がん治療における心のつらさや生きていくつらさ等にも対処していきます。また患者さんを支えるご家族のサポートもいたしますので、気軽に御相談下さい。

がんサポート外来

※要予約

初診外来

毎水曜日午後

1人1時間の枠となります。

再診外来

毎金曜日午後

1人30分の枠となります。

担当医の紹介

嶺井 悟

嶺井 悟(みねい さとる)

役職 緩和ケア部長
資格・所属学会 日本ホメオパシー医学会
日本緩和医療学会
日本がんサポーティブケア学会
日本統合医療学会
日本ホリスティック医学協会
出身大学 琉球大学医学部

PAGE TOP