医療法人 沖縄徳洲会 南部徳洲会病院

診療科案内

診療科紹介メニューarrow

診療科紹介

部門・センター紹介

歯科口腔外科

担当医の紹介

神農 悦輝

神農 悦輝(しんのう えつき)

役職 歯科口腔外科 部長・医学博士
資格・所属学会 琉球大学医学部非常勤講師
日本顎関節学会専門医/指導医
国際インプラント学会認定医
W.C.O.I 世界インプラント会議評議員
ジンマーデンタルインプラント公認指導医
出身大学 大阪大学歯学部
古波藏 大祐

古波藏 大祐(こはぐら だいすけ)

出身大学 日本大学松戸歯科部
柴田 拓也

柴田 拓也(しばた たくや)

出身大学 九州歯科大学

診療科の概要

歯科口腔外科の外来の主な診療内容は、顎(あご)の骨の中に埋まっている親知らずの抜歯や歯が原因でおこる感染症や嚢胞(のうほう)の治療、そして全身的な基礎疾患を有する患者さんに対する外科処置や顎の痛み、関節雑音や開口障害などの症状を呈する顎関節疾患などです。

全身麻酔下での処置としては、噛(か)みあわせに支障をきたすような上顎・下顎骨々折の観血的整復固定術や、比較的大きくなった嚢胞(のうほう)の摘出、腫瘍の切除、顎関節疾患で重症な症例に適応される顎関節鏡下剥離授動術や障害者の集中的歯科治療を行っています。

さらにインプラント治療では、骨の吸収が著しい難症例であっても積極的に骨造成を行って、治療を可能としています。また、全身疾患を有していても全科が協力して診療をおこなうため、安心して治療を受けていただけます。希望があれば、入院して全身麻酔での治療も行っています。

一般の歯科疾患(虫歯、入れ歯)などは、できるだけ地域の歯科医院、診療所で対処してもらい、これらの診療所で対処困難な以下のような疾患の治療、加療のみを行っています。

専門外来

顎関節外来 : 水曜日午後

顎関節京症は1956年に東医科歯科大学の上野教授が、「顎運動時の関節痛、関節雑音および顎運動異常を主症状とし、顎関節部の腫脹、発赤、熱感なのどの明確な急性炎症を欠く症候群」をわが国で最初に「顎関節症」と名付けられました。最初は、病態がよくわからなかったため、原因がはっきりわからないものについて病名をつけたものが顎関節症でした。

しかし、その後の顎関節疾患に対する研究の進歩とCTやMRIなどの各種の画像診断法や顎関節鏡視法などの導入により、現在では病態がかなり解明されてきました。当初、顎関節症は、咬合異常が原因と言われておりましたが、現在では、多因性でなおかつ様々な病態を示す疾患であることがわかってきました。顎関節症は顎関節にかかるメカニカルストレスと関節が持つ適応力のバランスがくずれた時に発現すると考えています。そのため、治療法としては、顎関節にかかるメカニカルストレスを軽減させるか、関節が持つ適応力を増大させる治療を行っています。気軽にお問い合わせ下さい。

詳しくは 『 顎関節外来 』 をクリックしてご覧ください。

インプラント外来 : 木曜日午前

ンプラント治療は通常の可撤性義歯(入れ歯)に比較してより高い審美性、機能回復が可能な治療法です。これまで歯を失った場合、ブリッジ(両隣の歯を削って橋をかける)や義歯(取り外し式の入れ歯)しか方法はありませんでした。インプラント治療は歯を失った顎骨(あごの骨)に人工歯根を植え込み、その上に歯を取り付ける方法です。そのため、健康な歯を削ることや入れ歯のような不安定感もなく、ふつうの歯と同じように咬むことが可能となります。 また,将来インプラント周囲炎が生じても,後で示す骨造成法にて当科で行った症例においてはいつまでもインプラント義歯で咬むことができるように修復を行います。南部徳洲会病院歯科口腔外科のインプラント外来では高度な技術を患者さまに提供しております。

詳しくは『インプラント外来』をクリックしてご覧ください。

アクセスマップ・交通案内

最寄りの交通機関

沖縄自動車道より

  • 名護 浦添方面より 南風原南インター降りて約1キロ直進
  • 空港方面より 南風原南インター降りて次の信号にてUターンして約1キロ直進

一般道より

  • 首里方面より 上間交差点を直進し仲井間交差点を左折、県道507号線を約1.5キロ直進しかねひで津嘉山店を左折
  • 空港方面より 国場十字路を左折、県道507号線を約2キロ直進し、かねひで津嘉山店を左折

PAGE TOP