医療法人 徳洲会 南部徳洲会病院
  • 文字サイズ
    • 標準
    • 拡大
  • language
    JP
    EN
    CH
  • 電話:098-998-322 沖縄県島尻郡八重瀬町字外間171番地1
  • お問合せ

病院情報の公表

令和元年度 南部徳洲会病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 127 174 162 256 471 671 1338 1365 1811 1068
令和2年度の退院患者数を年代別に割り振ってます。(平均年齢69.7歳)中でも後期高齢者を含む70歳以上の患者さんの割合は、 全体のうち半数以上を占めており、患者さんの高齢化が進んでいることが分かります。
当院は救急患者さんを断らずに受け入れているため、幅広い年齢層において幅広い疾患に対応しております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 246 18.24 20.84 4.07 84.3
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 140 13.93 12.58 1.43 81.79
050130xx99000x 心不全 127 19.27 17.71 5.51 83.41
110310xx99xx1x 腎臓または尿路の感染症(副病名 誤嚥性肺炎) 82 15.13 23.02 0 84.57
0400800499x00x 肺炎等(市中肺炎以外かつ75歳以上) 69 14.41 18.69 5.8 86.29
内科の症例の大半は感染症であり、高齢者では誤嚥性肺炎が多い。
又腎臓または尿路の感染症(副病名)ありが多くなり、誤嚥性肺炎にも罹患して入院される高齢患者さんが増えています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患(検査・心臓カテーテル) 151 3.34 3.01 0 66.8 心臓カテーテル検査
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患(経皮的冠動脈形成術) (検査・心臓カテーテル) (検査・血管内超音波) 68 7.6 4.4 0 69.76
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 28 19.32 12.37 3.57 69.46
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 (検査・心臓カテーテル) (検査・血管内超音波) 21 3 3.15 0 69.33 心臓カテーテル検査
050130xx9910xx 心不全 20 14.85 15.15 15 70.75
循環器科内科にて症例が多いのは狭心症・心筋梗塞などの急性・慢性の虚血性疾患の患者さんになります。
当院では24時間体制で虚血性心疾患に対応しております。心臓カテーテル検査(診断)を行い、経皮的冠動脈形成術を多く行っております。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 38 6.66 6.19 5.26 0.45
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 26 4.69 5.69 3.85 2.73
040100xxxxx00x 喘息 22 5.05 6.64 0 2.45
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎 (-) 3.25 5.39 0 8
0400801099x00x 肺炎等(0歳) (-) 7 6.15 0 0
小児科では、近隣の医療機関からの紹介入院が多く、退院後は当科でのフォローを行いその後状態の安定を確認し「かかりつけ医」への外来につなげています。
インフルエンザ、ウイルス性肺炎に関しては、誘発因子をさけることができないため、幼児の罹患が多くなっています。
数字が(ー)は患者様が10未満のため、個人情報が確定できないように示しています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) 65 5.25 4.85 0 67.18 鼠径ヘルニア
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 48 7.06 7.65 2.08 67.33
060150xx99xx0x 虫垂炎 37 6.59 6.94 0 42.22 虫垂炎
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 34 7.82 8.89 20.59 63.68
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 33 9.85 9.79 12.12 76.12
当院は急性期病院であるため、吐血・下血・腹痛に対して、夜間・休日問わず緊急の処置、手術対応が可能となっています。
特にヘルニアの記載のない腸閉塞は、近隣の医療機関からの紹介入院が多くなっています。
胆管結石や胆管炎がふえており、憩室炎、憩室出血に対しての症例数も多くこなしています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位骨折 166 23.03 25.94 22.89 80.04
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 66 9.48 14.1 0 26.82
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 62 15.27 19.4 3.23 77.42
160760xx97xxxx 前腕の骨折 60 3.22 5.54 0 62.92
160780xx97xx0x 手関節周辺の骨折・脱臼 34 2.5 4.11 0 37.44
当科では、加齢による骨折(股関節・大腿骨・胸椎・腰椎)の患者さまは、当院にある回復期リハビリ病棟への転棟を行うことが多く、患者様の早期の在宅復帰、
社会復帰を目的とし治療を行っています。股関節・大腿近位骨折72件、胸椎、腰椎骨折49件は回復期リハビリ病棟にて転棟加療しております。
肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。)は、近隣の医療機関より手術目的の入院が増えており、術後は紹介元の医療機関での治療リハビリという連携体制をしております。全体的に平均在院日数が全国平均よりも短縮されています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010230xx99x00x てんかん 27 11.3 7.1 11 64.1
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満)(手術なし・処置なし・副病名なし) 21 18.9 18.81 23.8 74.3
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷(手術あり・処置なし・副病名なし) 21 14.3 9.67 33 76.6
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血性発作 14 7.9 6.22 7.1 76.8
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷(手術なし・処置なし・副病名なし) 14 9.8 7.34 0 65
当科では、当院にある回復期リハビリ病棟と協力して、患者様の早期の在宅復帰、社会復帰を目指す治療に積極的に行っています。
脳梗塞は、入院後2日後には、リハビリが行われる流れができております。その結果、全体的に平均在院日数が全国平均よりも短縮されています。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 11 33.82 17.71 0 91.73
050080xx0101x 弁膜症(連合弁膜症を含む)(OPEあり) (-) 20.8 23.77 0 66
050050xx0111xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 (OPEあり) (-) 23.3 27.97 0 78.5
050050xx99000x 弁膜症(連合弁膜症を含む)(OPEなし) (-) 16.6 7.03 0 83
050080xx0111xx 弁膜症(連合弁膜症を含む)(OPEあり)(人工呼吸あり) (-) 26.5 36.47 0 72.5
当科では、成人心臓血管疾患を対象にした外科的治療を行っています。
今年は、心臓弁膜症の手術が主でしたが、当院の対象疾患として、虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞、心筋梗塞後合併症)大動脈疾患(胸部、腹部大動脈瘤、大動脈解離など)、末梢動脈心疾患(閉塞性動脈硬化症など)などの手術治療を担当しております。
数字が(ー)は患者様が10未満のため、個人情報が確定できないように示しています。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍(手術あり) 16 12.8 11.51 0 68.5
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍(手術なし・化学療法あり) (-) 3 9.59 0 64.8
160400xx99x00x 胸郭・横隔膜損傷(手術なし) (-) 14.6 8.73 0 76.2
040150xx99x0xx 縦隔の良性腫瘍(手術あり) (-) 16.6 23.38 0.2 63.8
040010xx99x2xx 縦隔悪性腫瘍、縦隔・胸膜の悪性腫瘍(手術なし・放射線療法) (-) 38 26.63 0 82.8
当科では、胸部にある肺・気管・気管支・縦隔・胸壁・横隔膜など心臓や食道以外の呼吸器に関わる疾患の手術治療を行っています。
肺癌に対する治療も進歩しており、集学的治療(手術治療、化学療法、放射線療法)によって治療成績の改善が図れています。
手術治療の方は基本的術後7日間としていますが、肺の悪性腫瘍(手術あり)の在院日数が、全国の平均在院日数より少し延びているのは、離島在住の方は入院期間を少し延長し経過観察しております。
また近年、転倒による胸部の外傷が増えています。外傷に対しても、夜間・休日問わず緊急の処置、手術対応が可能となっています。
近年増加傾向である縦隔腫瘍、縦隔・胸膜悪性腫瘍の症例は放射線科と協力し治療を行っています。
数字が(ー)は患者様が10未満のため、個人情報が確定できないように示しています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120090xx97xxxx 生殖器脱出症 10 8.2 8.65 0 67.2
12002xxx02x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 (-) 2.71 3.13 0 44.86
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 (-) 5.86 19.06 28.57 26
120260xx01xxxx 分娩の異常 (-) 8.71 9.53 0 27.86
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 (-) 9 9.66 0 34.5
婦人科では、幅広く様々な疾患に対する取り組みがなされています。上記のデータは昨年度の実績です。
令和2年度は、医師3人、(内女医1人)体制で診療しているため、卵巣、子宮、お産など、幅広く診療しております。
数字が(ー)は患者様が10未満のため、個人情報が確定できないように示しています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 60 7.75 9 0 74.25
080010xxxx0xxx 膿皮症(蜂巣炎) 39 9.28 12.55 2.56 76.26
080030xxxxxxxx 疱疹(帯状疱疹を除く。)、その類症 (-) 5.5 7.42 0 24
080100xxxx0xxx 薬疹、中毒疹 (-) 13 10.81 0 84.5
080250xx9701xx 褥瘡潰瘍 (-) 33.5 46.78 50 84.5
当科は前年同様の疾患です。帯状疱疹治療の秘訣は早めに治療を受けることです。薬剤の投与が遅れると最初痛くなくても後から痛くなり帯状疱疹後神経痛が残りやすくなります。急性膿皮症(蜂巣炎)は抗生剤にて治療を行います。下肢の急性膿皮症(蜂巣炎)は、治療で炎症反応が下がっても、発赤腫脹を残し、うっ滞性皮膚炎に移行することがあります。その場合は、分厚い包帯で巻いたり、弾性ストッキングによる圧迫治療を行いますが、治りにくいことがよくあります。
数字が(ー)は患者様が10未満のため、個人情報が確定できないように示しています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
11012xxx040x0x 上部尿路疾患(体外衝撃波腎・尿管結石破砕術) 171 1.19 2.64 0 54.76 ESWL
11012xxx97xx0x 上部尿路疾患(経尿道的尿管ステント留置術) 96 4.27 7.38 20.83 74.63 尿管ステント
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍(前立腺生検) 65 2.02 2.49 0 72.38 前立腺生検
110070xx0200xx 膀胱腫瘍(膀胱悪性腫瘍手術) 44 6.77 7.07 0 71.89 TUR-BT
11012xxx020x0x 上部尿路疾患(経尿道的尿路結石除去術) 26 8.5 27.76 0 74.71
当科では、泌尿器科悪性疾患(泌尿器科癌一般:前立腺癌、膀胱癌、腎癌、精巣悪性腫瘍、副腎腫瘍等)および外科的処置(手術)を必要とする泌尿器科疾患、特に泌尿器科的救急疾患(結石性腎盂腎炎、精巣捻転症、尿路変向等)を主として診療にあたっています。
救急医学科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 57 11.51 12.58 1.75 80.77
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 43 17.65 20.84 4.65 85.12
0400800499x00x 肺炎等(市中肺炎以外かつ75歳以上) 17 12.71 18.69 5.88 86.59
0400800499x01x 肺炎等・(副病名 心不全、胸水あり)(市中肺炎以外かつ75歳以上) 17 21.71 21.84 11.76 92.35
050130xx99000x 心不全 13 13.15 17.71 7.69 84.23
超高齢化社会を反映して、高齢の内因性救急の割合が高くなっています。
軽症から集中治療が必要な重症症例まで、地域のニーズ全てに答えられるように努力しています。
在院日数も、地域協力を基盤にして短縮につとめています。
放射線科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070040xx99xx2xx 転移性骨腫瘍(放射線療法) 43 15.1 22.54 14 71.9
110080xx9902xx 前立腺の悪性腫瘍(放射線療法) 43 8.6 27.76 7 74.7
110080xx9903xx 前立腺の悪性腫瘍(放射線療法・化学療法) 28 36.7 14.52 0 74.4
180050xx99xxxx 多発性癌転移(放射線療法) 15 26.1 6.22 1 69.1
040040xx9902xx 肺の悪性腫瘍(放射線療法) (-) 15.6 22.92 25 79.1
放射線治療は、外来通院で可能な点が特徴です。(抗がん剤の併用が必要であったり、離島その他の理由で入院治療となる場合もあります。)上記の数値は入院した方のみで集計しておりますので実際の件数とかなり乖離があります。例えば当院では前立腺癌の放射線治療に力をいれており、上記の件数では年間43件となっていますが実際には同期間に年間140件以上照射しています。前立腺癌に対する根治的放射線治療はこれまで1ヶ月半~2ヶ月かかっていたのですが、2020年6月から最新型のピンポイント放射線治療装置サイバーナイフM6を導入しており、実質的な放射線治療期間はわずか1週間に短縮されました。(事前に泌尿器科1泊入院して、機械にとっての目印となる金マーカーを前立腺の中に留置する処置が必要となります。)またサイバーナイフは脳転移をはじめとする脳腫瘍、肺腫瘍、肝腫瘍、骨転移にも有効です。詳しくは当院ホームページ内の放射線治療科の部分をご参照ください。
今後もより低侵襲・短期間・高精度な放射線治療を提供してまいります。
数字が(ー)は患者様が10未満のため、個人情報が確定できないように示しています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 (-) (-) 11 16 (-) (-) 1 8
大腸癌 (-) 14 40 25 (-) 17 2
乳癌 (-) (-) (-) 0 (-) (-) 1 8
肺癌 13 (-) 20 11 (-) 12 1 8
肝癌 (-) (-) (-) (-) (-) (-) 2
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大がんと呼ばれる胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん、肝がんの患者さまの数を、初発のUICC病期分類別、
および再発に分けて集計しています。
UICC病期分類とは、UICC病期分類国際対がん連合によって定められた、①原発巣の大きさと進展度、②所属リンパ節への転移状況、③遠隔転移の有無の3つのカテゴリによって各がんをI期(早期)からⅣ期(末期)の4病期(ステージ)に分類するものです。「初発」とは、当院において初回治療を実施した場合を指します。
「再発」とは、当院、他施設を問わずに初回治療が完了した後、当院にて診療した場合や、がん寛解後に再発または新たな遠隔転移をきたした場合を指します。
患者数が10未満の場合、個人情報が特定されないように(-)の表示としております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 66 6.55 55.8
中等症 158 12.09 82.06
重症 11 26.18 84.45
超重症 6 28.83 71.67
不明 0 0 0
成人市中肺炎とは、普段の社会生活の中でかかる肺炎です。
上記の表は、成人の肺炎患者さんについて重症度別(A-DROPシステム)に平均在院日数、平均年齢を集計したものです。
当院では、中等症の患者さんが多く、中等症~超重症で70歳代、80歳代と年齢が高くなると呼吸不全の合併症が多く、人工呼吸やNPPV、ネイザルハイフロー等の呼吸をサポートする機器の使用も必要となり入院期間も長くなります。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 67 21.1 77.4 4.5
その他 39 29.8 73.3 5
脳梗塞を発症した患者さんを発症時期で区分して集計しています。
当院にある回復期リハビリ病棟と協力して、患者様の早期の在宅復帰、社会復帰を目指す治療に積極的に行っています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) 71 5.23 4.97 0 70.65 経皮的冠動脈形成術
K5461 経皮的冠動脈形成術(急性心筋梗塞) 19 0 18.11 5.26 66.47 経皮的冠動脈形成術
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 12 6 7.42 8.33 74.33
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 (-) 2.63 2.63 0 76.25
K597-2 ペースメーカー交換術 (-) 1.8 13.8 20 82.2
循環器内科では、虚血性心疾患(心筋梗塞や狭心症など)に対する経皮的冠動脈形成術と経皮的冠動脈ステント留置術といった心臓カテーテル治療が多いです。心臓カテーテル治療は、腕や足の血管から心臓まで管を通して病変を治療する方法です。前年度と順位に変動はありませんが、
急性心筋梗塞の患者さまへの早期診断・治療が可能なため、経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞)の平均術前日数が0となっています。
患者数が10未満の場合、個人情報が特定されないように(-)の表示としております。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 65 1.03 3.22 0 67.18 鼠径ヘルニア
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 42 1.55 5.31 0 55.88 腹腔鏡下胆嚢摘出
腹腔鏡下胆嚢摘出_胆嚢炎
K7181 虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 29 0.48 3.59 0 32.79 虫垂切除術 (当日OPE)
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 18 2.3 20.9 11.1 69.8 腹腔鏡下大腸切除内視鏡
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 17 4.7 22.5 0 68.1
腹部外科における様々な手術が対応可能となっております。
腹腔鏡術(胆嚢、胆嚢炎、結腸悪性)は患者様の負担が少ない治療を率先して行っています。
鼠径ヘルニア手術・腹腔鏡下胆嚢摘出術・虫垂切除術・腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術は、(クリニカルパス)を導入しているため、医療の標準化が計られています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 105 3.1 35 1.9 79.8
K0811 人工骨頭挿入術(股) 59 8.2 33.1 18.6 81.3
K079-21 関節鏡下靱帯断裂形成手術(十字靱帯) 53 1 7.2 0 20.9
K0821 人工関節置換術(膝) 52 2.4 30.9 3.8 73.3
K0462 骨折観血的手術(前腕) 52 0.65 3.5 0 60.3
整形外科では、骨折観血的手術(大腿)の手術が多いです。高齢化社会に伴い、骨粗鬆症による大腿骨骨折が増加しています。
関節鏡下靱帯断裂形成手術(十字靱帯)は膝の外傷(スポーツ障害等を含む。)に対する手術が多く、近隣の医療機関より手術目的の入院が増えており、術後は紹介元の医療機関での治療リハビリという連携体制をしております。
夜間・休日問わず緊急の処置、手術対応が可能となっています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫洗浄・除去術(穿頭) 21 0.3 35.8 19 80.2
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの)(脳内のもの) (-) 0.6 53.5 14.3 62.6
K1642 頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの)(硬膜下のもの) (-) 0.5 65.5 0 79
K1641 頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの)(硬膜外のもの) (-) 0 47 100 63
慢性硬膜下血腫に対して行う、慢性硬膜下血腫洗浄・除去術(穿頭)は頭の骨に小さな穴をあけて中の血を吸引する手術です。
頭蓋内血腫術は文字の通り、頭(頭蓋骨)を大きく開け、血腫を除去する手術です。
頭痛や歩行障害などの症状がでている場合は速やかに手術を受けることをおすすめします。
患者数が10未満の場合、個人情報が特定されないように(-)の表示としております。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) (-) 1.3 9.1 0 69.5
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) (-) 1.3 11.1 0 67.9
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(区域切除) (-) 4.8 11.3 0 70.5
K5132 胸腔鏡下肺切除術(その他) (-) 3 72 50 68
K513-2 胸腔鏡下良性縦隔腫瘍手術 (-) 1 6.5 0 47.5
呼吸器外科では、肺手術を主に行っており、患者さまに負担が少ない治療(胸腔鏡下)を行っています。
治療は呼吸器疾患ガイドラインに従い、その患者様に合わせた最善の治療を行います。
患者数が10未満の場合、個人情報が特定されないように(-)の表示としております。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5551 弁置換術(1弁) (-) 8.5 36.7 0 73.2
K552-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺を使用しないもの)(2吻合以上) (-) 2 16.7 0 68.7
K5601ニ 大動脈瘤切除術(上行)(その他) (-) 0 52.3 33.3 72.3
K560-2ロ ステントグラフト内挿術(1以外の場合)(腹部大動脈) (-) 1.3 8.3 0 67.3
心臓血管外科は、循環器内科と連携し迅速に対応できる体制をとっております。
ステントグラフト内挿術は比較的新しい治療方ですが、近年は症例が増加している術式です。血管内側にステントグラフトを経カテーテルで留置し、圧が動脈瘤にかからないようにして破裂を防ぐ方法です。
患者数が10未満の場合、個人情報が特定されないように(-)の表示としております。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K867 子宮頸部(腟部)切除術 (-) 0.38 1.88 0 45.63
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) (-) 1.38 6.63 0 33.5
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) (-) 1 6.86 0 28.86
K8651 子宮脱手術(腟壁形成手術及び子宮位置矯正術) (-) 1 4.8 0 71.6
K861 子宮内膜掻爬術 (-) 0 1 0 54.67
産婦人科では、子宮筋腫等の良性腫瘍に対しての手術を行っています。次いで帝王切開術を行っています。
患者数が10未満の場合、個人情報が特定されないように(-)の表示としております。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 171 0.07 0.12 0 54.76 ESWL
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 98 0.37 3.84 16.33 74.06 尿管ステント
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 46 1.43 4.87 2.17 72.63 TUR-BT
K8412 経尿道的前立腺手術(その他) 25 0.76 6.72 8 72.48 TURP
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 22 0.41 4.36 9.09 56.59
当科では、泌尿器科悪性疾患(泌尿器科癌一般:前立腺癌、膀胱癌、腎癌、精巣悪性腫瘍、副腎腫瘍等)および外科的処置(手術)を必要とする泌尿器科疾患(尿路結石、精巣捻転、尿路変向等)を主として診療にあたっています。手術術式は、開腹手術をはじめ、身体に対して低侵襲である内視鏡手術、悪性腫瘍に対しては腹腔鏡もしくは経尿道的手術、同様に結石症に対しては体外衝撃波結石破砕術、内視鏡手術が可能です。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(直径2㎝未満) 34 3.2 2.7 0 64.9 大腸ポリープ切除術
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 26 4.9 12.6 7.7 74.7
K6871 内視鏡的乳頭拡張術 26 2.8 8 3.8 74.5
K654 内視鏡的消化管止血術 24 1.8 15.8 8.3 70.1
K682-3 内視鏡的経鼻胆管ドレナージ術(ENBD) 13 0.77 5.5 0 62.7
当科は、内視鏡センターを2015年9月に開設しました。
沖縄は全国的に大腸がん・胆道系疾患が多いため、内視鏡的治療(患者さまに負担が少ない治療法)を積極的に行っています。
総胆管結石などの胆道疾患に対するERCP(内視鏡的逆行性胆管膵管造影)関連手術が多く、胆汁の流れを良くするため内視鏡を用いて胆道にチューブステントなどを留置します。その他ERCPにて胆道の出口を切開し、結石を除去する治療も行います。消化器内科では救急部、外科と連携を行い、緊急性が高い内視鏡検査・処置(治療)が必要な疾患(消化管出血など)に対して迅速な対応を行っております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 0 0
異なる 6 0.08
180010 敗血症 同一 17 0.23
異なる 68 0.91
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0
異なる 2 0.03
180040 手術・処置等の合併症 同一 32 0.43
異なる 7 0.09
播種性血管内凝固症候群(DIC)は感染症、悪性腫瘍等に合併する事が多い疾患です。
敗血症、真菌感染も悪性腫瘍などの治療経過中に免疫不全状態から合併する事が多い病態です。手術や処置などを行う際は合併症を起こさないように細心の注意を払って行っています。
更新履歴
2020/09/17
令和元年度 病院指標 公開

TOP PAGE TOP