医療法人 沖縄徳洲会 南部徳洲会病院

診療科案内

診療科紹介メニューarrow

診療科紹介

部門・センター紹介

臨床工学部

沖縄南部徳洲会病院 臨床工学部のご紹介

ごあいさつ

臨床工学部は2003年に設立され、現在は15名が在籍しています。2010年度より日曜出勤を開始し、2013年度から宿直体制となっています。業務範囲は多岐に渡りますが、若いスタッフを中心に業務ローテーションを組み他科と連携して業務を行っています。

また、高度医療を支える様々な医療機器を専門的に取扱い、医療機器が何時でも安心して使用できるよう保守点検整備を行い、機械的安全性の確保と医療の質向上に貢献しています。

スタッフ紹介

室長:
赤嶺 史郎
副室長:
玻名城 牧子
副主任:
玻名城 尚 / 神谷 敏之 / 嘉数 太志 / 大城 苑子 / 向畑 恭子

幸地 優 / 池城 彩香 / 屋比久 健 / 宮城 宏喜 / 當銘 一臣 / 糸数 洋貴 / 宮国 洋平 / 葛原 玲奈(助手)

業務理念

  1. 臨床工学分野を専門領域とし、業務の実施を通して質の高い医療技術サービスを提供します。
  2. 各セクションにおいて学会認定を受けた専門性の高い業務を展開します。
  3. 他施設との交流を積極的に行い、多角的な視野を持つ臨床工学技士を育成します。
  4. 研究・研鑽を怠らず、院内外を問わず自己啓発活動を行うモチベーションの高い部署を目指します。
  5. スタッフ個々の能力が適材適所に活かされ、深い仲間意識を持った職員満足度の高い部署を目指します。

休日・ONコール体制

日曜日の臨床工学技士の配置は2名でMEセンター業務のみの対応となります。その他祝祭日においては内視鏡センター業務以外は通常業務を行います。夜間帯は宿直体制ですがONコール体制も継続しています。

【ONコール体制】

人工心肺担当
2名:固定)
ファーストコール担当
1名:ローテーション) ・・・ 心カテ・HBO/再圧治療・その他宿直者が対応困難な場合

臨床工学部の業務

PAGE TOP