医療法人 沖縄徳洲会 南部徳洲会病院

採用情報

研修医メニューarrow

採用情報(研修医)

医学生の皆様へ

病院長挨拶

赤崎 満

南部徳洲会病院は昭和54年開設依頼「生命だけは平等だ」の理念のもとに、「いつでも、どこでも、だれでもが最善の医療を受けられる社会」目指し、日々、救急医療や僻地離島医療を柱に高度先進医療、介護福祉、予防医療に幅広取り組んでいます。救急医療の分野では、早くも開院翌年の昭和55年、沖縄県の民間病院第1号の救急指定病院に指定されました。その後も「絶対に救急を断らない病院」を合言葉に職員一丸となって取り組んでいます。離島救急に関しても昭和60年から洋上救急協力や自衛隊機離島救急搬送協力を始めています。平成19年に完成した新病院に設置したヘリポートは、沖縄県で唯一ドクターヘリを運用している屋上設置型ヘリポートです。これにより、ヘリで搬送された患者様を、より迅速に救急室や集中治療室へ移動し治療することが可能になりました。さらに、日常の救急医療のみならず、突発的な大規模災害にも対応すべく、トレーニングを行っています。昭和54年の開設当初から研修医を受け入れ、「救急を断らない、何でも診ることのできる医者」をモットーに、実践方式で実力を身につける密度の濃い研修教育を行っています。

研修担当者から

初期研修は、救急医療を中心に内科、外科、麻酔科、整形外科、産婦人科等の研修を行っておりますが、看護師をはじめ、コメディカルスタッフと協力して研修医を良き医療人へと育てていこうという雰囲気があります。 「臨床研修病院群プロジェックト群星(むりぶし沖縄)に参加しており、他の基幹型7施設、協力型32施設、全国の徳洲会グループと協力し病院間の垣根を越えた研修プログラムを用意しております。
また、群星沖縄センター長である宮城征四郎先生の教育回診、群星沖縄主催の臨床教育セミナー、群星参加病院主催セミナー等、指導医も研修医とともに勉強していきたいと思っております。Specialist になる以前の General Physician に目標をおいて研修したいと思っている方々の参加を希望します。

病院概要

  • 許可病床数 345床
  • 職員数 710名(常勤医師55名)※平成28年3月現在
  • 主な診療実績(平成26年度)
    年間救急搬送件数 3,149件
    年間救急搬送患者数 3,172名
    年間外来患者数  205,521名
    年間入院患者数  123,594名
    時間外外来患者数 7,454名

研修医からのメッセージ

2年目 研修医

この病院の良い所は、必ず考え決断することを必要とされます。逆に言うと考え決断せねば仕事は進まないし患者様の不利益に直結するからです。例えば診察し鑑別診断を挙げ検査を出す。上級医にコンサルトは何時するのか。今夜は朝まで飲むのか、一軒目で帰るのかなど。当院指導医の先生は、個性豊かで情に厚く優秀な先生が揃っています。又、他院で宮城先生の教育回診を何回か受けましたが、当院での教育回診が一番エキサイティングに感じます。そんな刺激的でスリリングな楽しい研修です。

2年目 研修医

仕事をするにあたり職場の環境というのはとても大きいと思います。南徳の医局は実にアットホームでとにかくコンサルトがしやすい。院長、副院長クラスは、通常なら多少たりとも近寄り難いものですが南徳は違います。一緒に仕事するコメディカルの方とも楽しく仕事が出来るし色々助けてくれます。
仕事をスムーズにする上で、人間関係が大切であるという事をこの2年間で実感しました。皆さんも是非南徳を見てみて下さい。

みんなでスポッチャ
  • 服部先生(研修委員長)と研修医
  • 平成27年度 研修医

2年目 研修医

2年間の初期研修を終え3年目もお世話になることに決めました。
いろいろな可能性が開けると思います。一度見に来て、それでワクワクできたなら、ぜひ一緒に働きましょう。

1年目 研修医

当院の初期研修の特徴は何といっても実践的、主体的です。救急を一年通して行いながら病棟でも先頭にたって積極的に医療に参加できます。例え研修医という身分でも他のコメディカルは一人の医師として認めてくれます。又、受け持つ患者さんの他科へのコンサルトも非常にスムーズで快く相談にのってくれます。皆さんも是非『南徳の一員』として一緒に頑張ってみませんか。

  • 慶良間にて沖釣り 大漁!
  • ミニ誕生会 in 研修医室
  • 南徳大忘年会 余興
  • 南徳大忘年会

PAGE TOP