医療法人 沖縄徳洲会 南部徳洲会病院

病院概要

病院概要メニューarrow

病院概要

検査・処置等における包括同意

当院では、診療上の必要があると認められた検査・処置については原則として説明を行い、同意をいただいた上で実施しています。但し、一般的に医師が立ち会う必要がなく、心身への負担が少ない検査・処置は、あらためて同意をいただくことなく診療の一部として施工します。これらの行為は一定以上の経験を有する者によって行われますが、時に出血などの合併症を伴うことがありえます。このような場合、合併症の治療は通常の保険診療として行われます。

当院で受診を希望される方は、これらの点についてあらかじめご理解くださいますようお願いいたします。

なお、質問がある場合は、担当の医師または看護師までお問い合わせください。

一般項目

  • 問診、視診、理学的診察、体温測定、身長測定、体重測定、リハビリテーション、栄養指導、食事の決定、何回か繰り返されている外泊の指示、薬剤処方

検査・モニタリング

  • 血液検査、B型肝炎・C型肝炎・HIV検査、尿検査、蓄尿、微生物学的検査、検体の病理・細胞診検査、心電図・脈波、肺機能・脳波・超音波検査・呼気ガス分析・筋電図などの生理検査、X線一般撮影、X線透視撮影、造影剤を用いないCT・MRI検査、心電図・経皮酸素飽和度測定・動脈圧・呼気換気・BISモニタ・筋弛緩モニタなどのモニタリング、皮内反応検査(パッチテスト、皮内テスト、スクラッチテスト、ツベルクリン反応など)、アレルギー皮膚テスト、喉頭ファイバー検査、眼科各種検査、尿流量測定ウロフロメトリー検査、残尿測定、膀胱内BCG注入

処置

  • 創部処置、痰などの吸引、鼻腔カテーテル、膀胱留置カテーテル、う歯(虫歯)・歯周病・義歯の検査と治療、口腔ケア、トリガーポイント疼痛治療、フットケア、鼻出血止血処置、胃管挿入、緊急時の気管内挿管、関節処置神経ブロック、ギプス装着・取り外し、湿布処置、消炎処置、眼科・耳鼻咽喉科各種処置、2回目以降の輸血(概ね1ヶ月経過した場合には同意書を再度取得)

投薬・投与

  • 通常の投薬、注射、末梢静脈内留置針挿入(点滴ラインの確保)、持続皮下留置針挿入、酸素投与
  • 説明・同意書への署名を必要とする検査・処置
  • 手術、麻酔、輸血、自己欠輸血、抗がん剤治療・分子標的薬、放射線治療、予防接種、透析治療、分娩、自費診療において特殊な薬剤を使用する場合、造影剤を用いた放射線検査、体表より深い部位の穿刺及び生検などの侵襲的処置及び検査、カテーテル治療・検査(心臓カテーテル治療など)、内視鏡検査(上部消化管内視鏡、大腸鏡、関節鏡など)

PAGE TOP