医療法人 沖縄徳洲会 南部徳洲会病院
  • 文字サイズ
    • 標準
    • 拡大
  • language
    JP
    EN
    CH
  • 電話:098-998-322 沖縄県島尻郡八重瀬町字外間171番地1
  • お問合せ

疼痛治療科

疼痛治療科

がんの痛みは鎮痛薬だけでは取れないことがあります。
我々はペインクリニックの技術を駆使して痛みの治療に取り組みます。
痛みをがまんせず治療する方法:神経ブロック療法や脊髄鎮痛法があります。
がんの治療と並行して痛みを治療していきましょう。


服部 政治 (はっとり せいじ)

医療法人沖縄徳洲会 中部徳洲会病院 疼痛治療科 統括部長
略歴 1985年 東京都立日比谷高等学校卒業
1986年 大分医科大学医学部入学(現、大分大学医学部)
1992年 同卒業、大分医科大学麻酔科学教室入局
その後、関連病院(大分県、福岡県、宮崎県)で麻酔科として修行
1999年 米国留学 (Albert Einstein University of Medicine)
2000年 米国ニューヨークにあるメモリアル・スローン・ケタリングがんセンターで
麻酔科によるがん疼痛治療を学ぶ
2000年 大分大学に戻り、附属病院の緩和ケア支援チームリーダー
2006年 国立がんセンター中央病院(現、国立がん研究センター中央病院)麻酔科に移籍
2008年 癌研有明病院(現、がん研有明病院)麻酔科に移籍
2014年 同、がん疼痛治療科部長
2017年 大分大学医学部麻酔科学教室 臨床教授
2019年 3月、がん疼痛患者の中でも治療困難な激しい痛みに対する専門的な治療を、
日本全国そして離島に届けるために沖縄徳洲会グループに移籍、疼痛治療科を設立し、現職。
認定 日本麻酔科学会専門医
日本ペインクリニック学会専門医
日本医師会認定産業医
ボランティア
研究活動
その他
2003年 口唇口蓋裂協会ベトナム支援(麻酔科として参加)
2007年 厚生労働省科学研究補助金研究事業班員
2010年 厚生労働省科学研究補助金研究事業班員
2013年 厚生労働省 緩和ケア提供体制における実地調査に関するワーキンググループ員
2014年 厚生労働省科学研究補助金研究事業班員
2018年 大分県豊の国かぼす特命大使
学会活動 日本がんサポーティブケア学会(評議員 痛み部会・部会長)
日本麻酔科学会(学会ワーキンググループメンバー)、日本臨床麻酔学会
日本ペインクリニック学会、日本疼痛学会、日本慢性疼痛学会
International Association for the Study of Pain (IASP)
International Anesthesia Research Society (IARS)
Multinational Association of Supportive Care Cancer (MASCC)
業績 論文・著書2019年3月現在
麻酔・集中治療関連 原著14
ペインクリニック・緩和ケア関連 原著67 総説115 雑文62


がんの痛みを我慢していませんか?痛みのために、眠れなかったり食欲がない
時間が続くと体力も気力も落ちてしまいます。一般的な鎮痛薬で対応できない
痛みや副作用が強くて鎮痛薬が続けられないとき、ペインクリニックの技術が
有効な場合があります。今使っている鎮痛薬の量を減らすことができる場合も
あります。ぜひご相談ください。


前 知子 (まえ ともこ)

医療法人沖縄徳洲会 中部徳洲会病院 疼痛治療科 部長
学会活動等 日本麻酔科学会
日本ペインクリニック学会評議員・会則検討委員会委員
日本慢性疼痛学会
日本区域麻酔学会
日本がんサポーティブケア学会
IASP(国際疼痛学会)
ASA(アメリカ麻酔学会)
IARS
MASCC
指導・専門・認定 日本麻酔科学会指導医・専門医
日本ペインクリニック学会専門医
出身大学 東京女子医科大学


がんの痛みの治療は、麻薬の内服や点滴が一般的ですが、神経ブロックなどの
ペインクリニック治療が有効な痛みもあります。痛みが続くと日常の何気ない
動作でさえ大変つらくなってしまいます。痛みがとりにくい場合、麻薬の副作用が
強い場合にはペインクリニック治療の適応があるかもしれません。
まずは主治医までご相談ください。


立花 潤子 (たちばな じゅんこ)

医療法人沖縄徳洲会 中部徳洲会病院 疼痛治療科 副部長
学会 日本麻酔科学会
日本ペインクリニック学会
日本がんサポーティブケア学会
IASP(国際疼痛学会)
指導・専門・認定 日本麻酔科学会認定医
日本がん治療認定機構がん治療認定医
出身大学 東京女子医科大学


がんの痛みについて悩んでいることや、困っていることがあったら何でも
ご相談下さい。鎮痛薬の内服や点滴はもちろんですが、他のアプローチが有効な
こともあります。どの治療法にするかは、患者様にあわせて考えていきますが、
選択肢が一つではないと知るだけで安心するのではないでしょうか。
少しでも痛みの軽減のお手伝いができればと思っています。


溜渕 昌美 (たまりぶち まさみ)

医療法人沖縄徳洲会 中部徳洲会病院 疼痛治療科 麻酔科医
学会 日本麻酔科学会
日本臨床麻酔学会
日本ペインクリニック学会
指導・専門・認定 日本麻酔科学会専門医
日本麻酔科学会(認定医、標榜医)
出身大学 島根大学

TOP PAGE TOP