医療法人 沖縄徳洲会 南部徳洲会病院
  • 文字サイズ
    • 標準
    • 拡大
  • language
    JP
    EN
    CH
  • 電話:098-998-322 沖縄県島尻郡八重瀬町字外間171番地1
  • お問合せ

お知らせ一覧

院長挨拶

2021.01.21

謹んで新春のお慶びを申し上げます

 2021年を迎えました。今年はどのような年になるのでしょうか。
 2020年、誰も予想できなかった新型コロナウイルス感染症が世界を席巻し、今も猛威をふるっています。
 県内各医療機関は協力し合い、これに立ち向かっていますが、医療は逼迫し苦闘している状況です。いくつかの医療機関や老健施設で院内感染が発生し、当院や関連施設でも発生してしまいました。患者様やご家族に、また地域の皆様にたいへんな不安と負担を与えてしまいました。深くお詫び申し上げます。全職員で感染対策の改善に取り組み努力しています。
 昨年12月にイギリスで新型コロナウイルスに対するワクチン接種が開始されました。本年、日本でもどうにかワクチン接種が始まりそうで、これは大きな朗報になります。しかし、現時点では、いまだに有効な治療薬がなく、まだまだ個人の感染予防に大きく委ねられています。3密を避けソーシャルディスタンスを意識し、手指衛生やマスク装着を継続することは、 自分自身や周りの人を守るため、もはや当たり前の習慣になっています。コロナが、私たちの生活様式や経済活動、そして医療のあり方を根本から変えています。
 当院が毎年 11月に開催していました「病院祭」(がんじゅー祭)や12月恒例の「クリスマスコンサート」を、昨年はコロナの影響で中止にせざるを得ませんでした。特にがんじゅー祭は毎回地域の皆様に楽しみにしていただいていましたので残念でした。また新年恒例の「もちつき大会」も開催を見送りました。事態が収束し、これらの行事が再び行えるようになることを願っています。
 コロナ禍で社会が混乱し皆が苦しい中、地域の皆様から私達医療従事者に温かいご支援をいただきました。私達は地域の皆様に支えられていることを改めて実感しました。職員一同、心から感謝申し上げます。
 南部徳洲会病院および関連施設は、「生命だけは平等だ」の理念のもと、「いつでも、どこでも、誰でもが最善の医療を受けられる社会」を目指し、これからも一層の努力をしてまいります。

本年もよろしくお願いいたします。

院 長 赤崎 満


TOP PAGE TOP